向けて為替介入(外国為替平衡操作)を委託する

為替への介入はご存知ですか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビ、グーグルなどの報道でご覧になったみなさんも多いでしょう。se 年収 フリー

最初から外国為替市場介入(為替介入)とは我が国では、・大臣(財務大臣)為替のレートの安定化を実現できるように用いる戦略として評価されています。

簡潔に言うと、急激な円高・円安の時に財務大臣の指令をもとに中央銀行である日銀が日本円を取引して相場の安定化を狙う、ことを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)はやり方が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・行政機関や日本銀行が東京での市場の中で自ら市場に入って来て介入を行なう。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が相談し各銀行などが金を使って同時ないし少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を実施していく。

3.委託介入・・・他国の銀行などに向けて為替介入(外国為替平衡操作)を委託する。

4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などと代わって外国為替平衡操作(為替介入)を実行する。

こんな種類があるのです。

いずれの為替介入(外国為替平衡操作)も一時、あるいは引き続き為替市場に多くの影響を与えるはずです。

為替介入の資金は当然のことですが国の面子をかけて行なうのですから段違いなのです。

円を基本にして例えると、普通は数銭単位で動いている円相場が一気にかなり変動をするのです。

個人で投資をしている人ならば一回は経験したことがあると思いますが今まで上手に利益(もしくは損失)が多くなっている保有高を持続していたにもかかわらず、保持しているポジションが決済となりましたという通達が外為の会社よりEメールが来ました・・・どれほど儲かったのかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済の通達を見たところ、自分の中で思っていたものとはまったく反対の結果で目が点になってしまうとのパターンがよくあります。

為替介入が行なわれた場合によく聞く話なのです。

介入を行うと市場のトレンドと真逆の変動をするものです。

なおかつ変動する金額の範囲はかなり大幅に変動しますので注意が必要なのです。

Link

Copyright © 1996 www.artchimedia.com All Rights Reserved.