単独介入・・・政府・日銀が東京市場で自分から市場

為替介入(外国為替平衡操作)という言葉を知っていますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ヤフー等の記事でチラリと見た人もいるでしょう。メラックスeye

為替介入(外国為替市場介入)というのは日本の場合、・大臣(財務大臣)円の相場の沈着を実現するように用いる手法として見なされています。葉酸サプリ

簡潔に言えば、急激な円高、円安の時に財務大臣の指図をもとに中央銀行(日本銀行)円の売買をして為替のレートの安定性を狙う、といったことです。スルスル酵素 成分 効果

外国為替平衡操作(為替介入)とは種類があります。

1.単独介入・・・政府・日銀が東京市場で自分から市場に参入してきて為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・通貨当局が協議したうえで、各々の通貨当局の金を使って同時または少しずつ外国為替市場介入(為替介入)を実施する。

3.委託介入・・・異国の通貨当局へ向けて為替の介入を委託する。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局と代わって為替介入(外国為替市場介入)を実行する。

この通りやり方があります。

どの介入も短期に、あるいはしばらくの間為替に影響を与えます。

外国為替平衡操作(為替介入)の額はやはり自国の権威をかけているだけにスケールが大きいです。

円を基本にして例えると、普段は数銭ごとに変動するレートが突如数円の動きをします。

個人投資家の人なら一回くらいは経験したことがあると思いますが、今までは問題なく含み益(もしくは含み損)が多くなっているポジションを持続していたところで、保持している持ち高が決済したという連絡がFX業者よりメールが届き・・・いくら儲けが出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済報告を見ると、自ら予想していたのとはまったく反対の状態となってしまい驚いた話があったのです。

介入が行なわれた際によく聞く話です。

こういったことから外国為替市場介入(為替介入)が行なわれることで、為替の市場の動向と反対の動向をします。

さらに変動する額の範囲はかなり大幅に変動しますので気をつける必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.artchimedia.com All Rights Reserved.