やり直しが効かないほど致命的なミス

FXビギナーが市場の重要なところを探すためにはトレードを積み上げていく事が必要です。

先にピンチを察知できるようになるためには、ポカを積み上げることも重要です。

とは言うものの、間違いをするといっても、やり直しが効かないほど致命的なミスをする事は問題外です。

取り戻せるほどの負けを数回経験することが結果的に己の経験を増やしてくれる。

れを考えると、とりあえずは少ない資金でトレードを行ない、これで何回か小さな失敗をすることをおすすめします。

例として、100万円しか投資する余裕が無い人がよく考えずに100万円を少しも残さないで投入してトレードすると、負けた時永遠に取り返せない可能性があります。

そのため、一例として10%ずつ分けてエントリーして、ここで取引を繰り返したほうが、所徐に間違いを補う術なども身についていくはずである。

はじめに少額資金で売買する事の価値は自分の経験値を増やし失敗をコントロールする術を覚える事にありますが、それと一緒に、注文の回数を積み重ねる事で不確実性を減らせるというメリットもある。

たとえば、1回の取引で儲けられる確率が二分の一だと考えます。

ということは、等しい確率で損失を生むリスクもあるということになります。

勝率50%ということは二分の一の可能性でプラスになる事を言い表しています。

だけど、全てを使って1回のみの売買をするということは明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

このままでは1回だけの賭博と同じです。

すなわち、全てを使って1回のみしかエントリーしないと、その分だけ損失が生じる確率が高まります。

それだけに、投資資金を全額使うのではなく、少額ずつ分けて、投資回数を積み重ねる事がリスク分散となる。

同時に少しずつ分けたとしてもすべてに利益を出す事は大切ではありません。

はっきり言うと、全て勝つことは出来ないのが実情です。

トレードで不可欠なのは、勝つ回数ではなく、どのように稼ぐかです。

勝率が50%でも或いは勝率が低くても儲ける事は出来ます。

負ける確率が高くてもマイナスがわずかであれば3割の勝ちの利益で上手に利益を上げられます。

それには、損を少なく、利益を大きくを覚えておく事です。

損したら間髪を入れずロスカットしてそれとは逆に勝てる状況では大きくプラスにする事が外為取引の経験の浅い方がFXで勝つための手段です。

Link

Copyright © 1996 www.artchimedia.com All Rights Reserved.